忍者ブログ
岐阜の宝もの『東濃地方の地歌舞伎と芝居小屋』をPRすべく誕生した『岐阜自慢ジカブキプロジェクト』 地歌舞伎の公演予定や地歌舞伎に関するアレコレを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2月22日開催の恵那市伝統芸能大会に向けての稽古も最終段階に入りました。
 
役者さんのほとんどがご自分の仕事を終えて稽古場に集合します。今日は午後8時からの稽古です。

恵那歌舞伎保存会は、平成になってから恵那ライオンズクラブのメンバーを中心に復活した個性派ぞろいの保存会で、稽古は師匠も加わり「下ネタ」が飛び交う爆笑稽古です。

それでも大見得のキメポーズは大まじめです。

今年の出し物は「菅原伝授手習鑑 車曳きの場」。地歌舞伎ではよく上演される芸題だけに、経験者はこの地域にゴロゴロ居て、出来不出来がよくわかってしまうという幕です。

因みに私もこの幕に登場する桜丸役を3回演じたことがあります。桜丸の冒頭の長台詞も見どころのひとつです。

大会ではこの他に三郷、山岡、明智町の各保存会と、恒例の恵那市内名士出演の「お目見得だんまり」が上演されます。

おたのしみに。
PR
2010年に「東濃の地歌舞伎と芝居小屋」が岐阜の宝ものに認定され、その年に「岐阜自慢ジカブキプロジェクト」事務局が岐阜県中津川市に開設され、地歌舞伎を広くPRするための様々な活動を展開いたしました。

2013年3月岐阜県のブラッシュアップ事業終了をもって事務局を閉鎖いたしましたが、活動自体は組織を縮小して自主自立の道を歩み始めました。

昨年までの2年間、中津川市の保育園での歌舞伎ワークショップ、フランス大使館をはじめとする各地での公演、フランスでの海外公演、地元馬籠宿でのミニ公演などを通して地歌舞伎の魅力や岐阜県の魅力を発信してまいりました。

今年から、2年間ほったらかしになっておりましたホームページ・ブログ・Facebookなどを中津川市地歌舞伎連絡協議会、東濃歌舞伎保存会の協力で更新していくことになりました。

さしあたり、お知らせ欄での公演情報をアップしていくことから始めたいと思っております。

今後ともご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

岐阜自慢ジカブキプロジェクト会長
カレンダー
08 2016/09 10
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Twitter
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
岐阜自慢ジカブキプロジェクト
年齢:
5
性別:
非公開
誕生日:
2010/10/20
職業:
地歌舞伎役者&黒衣
趣味:
地歌舞伎
自己紹介:
 岐阜の宝ものとして認定された『東濃の地歌舞伎と芝居小屋』を盛り上げていこう! と発足した『岐阜自慢ジカブキプロジェクト』
 地歌舞伎公演やイベントのお知らせや、地歌舞伎に関するあれこれを紹介します。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]

Coryrights © 2010 岐阜自慢ジカブキプロジェクト事務局. All Rights Reserved.